私のコンプレックスの目

私の体で、コンプレックスなのは、目と顔のパーツです。

まず目は、もともと一重なので、毎日アイプチをしていますが、二重の線はつくようになったので、前は睨んでいるつもりは無かったのですが、「睨んでる」「その目イヤ」とか色々言われました。

正直目だけでも整形したいと思い考え、整形美容とかにも行きましたが、やはり親から授かった顔だから整形は止めました。

毎日アイプチを6年以上するようになり、なんとか二重の線だけはつくようになりましたが、まだ目が怖いとか言われたりします。

雑誌なども読み、化粧とかも勉強もしましたが、なかなか上手にならなくて、つけまつげや、マツエク等をして、自然な目に近づけるように頑張っていますが、やはり朝とか、泣いた時は、どんなに冷やしても腫れが引きません。

なので瞼を薄くしたいと考えてしまいます。
次に私の顔が「童顔」なんです。

周りからは「幼くみられる方が得」とかは言われますが、30歳になっても「未成年」に間違えられたりします。

ファッションにも、凄く興味があるので、自分に合う服を買おうと思うのですが、店員さから「お客様は、こちらが似合います」と勧められる服は、本当に20歳前後の子が着るような服です。

年齢を言うと「本当ですか?」と言われたり、お酒を呑む所に行くと、必ず私だけ「年齢確認」をされます。
最初にも書きましたが、目も顔も本当にイヤで仕方ないです。

自分で調べて頑張っても限界があります。得なのか損なのか分からないです。

この際整形でもしようかとも考えたんですが、やはりお金的にも厳しいし・・・。カードローンで借りようかとも考えたんですけどね。こちらで→即日融資可能カードローン

やはりなかなか・・・(*_*)でも今のままでも嫌だし。どうしたらいいのか(;´・ω・)

わたしの旦那がパチンコ依存症に豹変

結婚して12年が経ちました。世間一般の皆さんから見ると、とても幸せそうに見えるようで、仲がいいわねとか、いつもご主人とラブラブねと言われることが多いです。
しかしそれは外向きの姿。つまり、わたしたちは「仮面夫婦」なのです。
旦那様は本当にまじめで、純粋で、お仕事にも精力的に頑張れるさわやかな好青年でした。お酒も飲まないし、ギャンブルもしない、家庭第一の旦那様で、それはそれはパパの鏡のような人でした。
それが育児の大変な時期が過ぎたころからパチンコに行くようになり、それまで欲しいとも言わなかったお小遣いを欲しがるようになりました。最初のうちは月に数回だったのですが、それが年々増えていきます。毎週末行くようになり、一緒に出掛ける回数が減りました。週末だけではなく、平日も週に何度か会社が終わってから行くようになり、子供たちのお風呂も、お洗濯のお手伝いもしてくれなくなりました。
今は、一週間のうちのほとんど、平日は会社が終わったあと、夕飯を食べるとすぐにパチンコに行ってしまいます。会社がお休みの日は、朝九時からパチンコに行き、子供たちが寝た後帰ってきます。つまり、我が家にパパはいないのです。

ついこないだは、私に内緒でお金を借りてまでパチンコに行っていたことがわかりました。私がお金を渡さないのがいけないのか・・・ともその時考えましたが、そんなことないですよね??一家の大黒柱がギャンブルにつぎ込み生活を苦しめているわけですから、娯楽に渡すお金なんて本当はありません・・・それでも日頃仕事を頑張ってくれているからと・・・思い少しは渡していたのに・・・借金を作るなんて信じられませんでした。※内緒でお金を借りることができる
子供たちは全く主人と一緒に過ごす時間が無くなりました。朝はパパが寝ているときに学校へ行き、夜は会うことができません。子供たちがパパに会えるのは、時々一緒にとる夕食の時間と、朝学校に行く前に見るパパの寝顔だけです。こんな生活でいいんでしょうか。わたしだって我慢の限界があります。

離婚も視野に入れることもありますね・・・このままでは家族崩壊です・・・

 

ワーキングホリデー中の貧乏生活

私がまだ20代の頃オーストラリアへワーキングホリデーへ行きました。

ワーキングホリデーなので休暇でもいいし、仕事をしてもいいし、どちらでもいいのですが、私は貯金が多くなかったのでオーストラリアに到着するなり仕事を探すしかなかったです。

しかしそこはオーストラリア、英語が第一言語なので私のできる仕事はほとんどなく、仕事も思うように見つからず・・・貯金は減っていくいく一方。

しかし情報が必要なので語学学校も行きました。この学校で学費もかさばりますます私の貯金は減っていく。
毎晩夕ご飯は食パン2枚生活が始まりました。

朝ご飯はコーンフレイク。ランチもパンに野菜は挟む程度。

語学学校で出会う友人はみんなお金のある人が多く、ランチはいつも外食だったり、豪華なメニュー。とっても羨ましかったです。

私の貧乏食事生活は4ヶ月ほど続きました。

当時家賃を月600ドル(光熱費含む)の生活で食費は一ヶ月100ドルくらいに抑えていました。その他にも学校に行くのに交通費もかかるので無駄遣いは出来ません。

この生活に慣れてきた頃当時一緒に住んでいたオーナーが引っ越すことになり、

私も引っ越さなくてはならず、急遽家を探しましたが、家賃は月750ドルになってしまいますます生活は苦しくなる一方。

両親に頼る訳にもいかず、日本食レストランでバイトを始めました。
と行っても時給も安いにですが、まかないがでるので夕ご飯は少し贅沢できます。

実は10ヶ月オーストラリアに滞在したのち、貯金も底をつき、私は泣く泣く日本に帰国しました。

でも今思うといい思い出ですが・・・

当然ながら帰ってからもお金があるわけでもなく、しばらくは貧乏生活が続きましたね。バイトの掛け持ちをして、時にはお金を借りて生活する事もありました。

困った時はこちらで10万円をよく借りていましたね・・・http://xn--10-283aoc434tpne244j.com/

またお金に余裕が出来たら、いつかは海外に行ってみたいと思ってます。

英会話教室で痛い目に

今までで一番お金を使ってしまったのは、英会話教室です。

英会話にもともと興味があったのもあり、大学生のとき自己啓発に目覚め、始めました。

それと、一度旅行でアメリカに行ったことがあるんですが、その時に英語が話せなくて勿体ない思いをした事があるからです。

もちろん旅行自体は楽しかったんですが、英語が話せていたらその何倍も楽しめたんだろうな…って感じたんです。やっぱり言葉が通じない分、楽しさも半減してしまいますからね。

そういった事もあり、絶対に英語を話せるようになりたい!って思っい英会話教室に通い始める事にしたんです。

しかし、自宅から教室まで遠かったのと、バイトと学校で忙しく、遊ぶ時間が欲しくなってしまい一年足らずで止めてしまいました。

あとは授業料が高く、やっていけないのではと心配になってしまったのもあります。
自分が悪いのですが、解約金がかなりかかってしまいました。

止めると言ったときも、受付の人にかなり止められました。

その人は次々来る生徒の相手もしながら、その間になぜ止めない方がいいか延々話し続け、止める手続きまで2時間くらいかかったような気がします。

今だったら強く言えるんででょうけど、まだ学生だったのでなかなか強く言えずに困りました。
結局、解約金含め英会話教室に40万円以上かかったと思います。

必至に貯めたバイト代もその支払いへと消えていきました。なんなら、貯めたお金だけでは足らずに、カードローンでお金を借りるまでした覚えがあります。

カードローン学生

大学生にはとっても痛いですが、なんでも安易に始めてはいけないという高い授業料だと思って諦めることができました。

今思うと本当に勿体ないことしたな、、、って感じますけどね。

それ以来、大きな買い物をするときはしっかり考えてからするようになりました。
もう英会話教室には二度と通わないと思いますが。

英語なんて話せなくても楽しく過ごせていけるや!って自分自身に言い聞かせてます。日本語が一番ですね(笑)

車検

車の車検って高いですよね?

この間、車検に出したら12万円もかかりましたよ。。。

治すところが結構あったみたいなんですが、それにしても12万は高いでしょ。仮に治すところが無かったとしても8万ぐらいは取られますからね。

まぁ安全のためには仕方がない事なんでしょうが、2年に1度というのは辛いところですよね。。。

車検の度にカードローンでお金を借りているような気がします。

全英オープン

いよいよ明日はゴルフの全英オープンの開幕ですね。ゴルフ好きの私にとっては何よりも楽しみです。

また寝不足の日々が続きそうですね。でも先月行われた全米オープンと比べると、テレビ放映時間はだいぶ早いのでまだマシかなってとこですね。

今回日本からはスーパールーキーの松山選手が出ますね。期待したいとこですね。石川遼君も復活してもらいたいとこなんですけどね。

そして復活といえばやはりタイガーウッズですね。やっぱりこの男が強くないと面白くないです。そろそろメジャー大会で勝ってもらいたいですね。

専門学校費用

私は27歳独身女性です。仕事は事務作業の仕事をしています。正直給料もそこまで良くないのでこの先どうすべきか悩んでいます。彼氏もいつできるか分からない、すなわち結婚する予定も当分なさそうなんで、自分一人で生きていくためにはもう少し給料も欲しい所です。かといって今すぐ辞めるわけにもいきませんし。辞めたところで良さそうな仕事がすぐ見つかるか。。。

やはり少しでも給料の良い仕事に就くにはそれなりに資格などがないと今の時代は厳しいですよね。とくに高卒の私なんかは尚更です。そこで最近、簿記の資格を取得するため学校に通い始めました。なんでも人が持っていない資格を取得しているだけで、転職する際も有利ですからね。今は仕事が終わってから毎日学校に行っていますよ。結構大変ですが、先を考えたら頑張れます。

もうひとつ頑張れるポイントがあります。それは学費ですよね。やはり勉強するのに学費が結構かかるんですが、そんなお金に余裕がある訳ではないので、消費者金融お金を借りて学費を支払いました。この学費分は将来取り返さないと無駄ですからね!! 今は必死で勉強しています。